読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジカルミライ2017 楽曲コンテストにて「Singularity」が採用されました: 反省会とこれからについて

Twitterで言ったり言ってなかったりすることを書いていきます

 

この記事はさっき買ったMacBookで早速書いています。やっぱこのパチパチキーボードすき。

体調を崩した

ミク廃一筋10年目の私には事が大き過ぎたようで、クリプトンさんからお知らせを頂いてから相当気持ちがナイーブになってしまいました。しばらく頭の中がこのことでいっぱいになって、何も考えられなくなったし、一日じゅう動悸が続くような感じでした。会社は休んでないし普通に生活もしたし食べ物も食えたんだけどほんとギリギリのところでGWに滑り込めた。超会議のステージで皆さんに発表できて、気持ちがおさまるかと思ったら、こんどはいつもの居場所だった自分のTwitterがお祝いツイートや新しいフォロワーさんで濁流になって、これも自分の中では非現実の域だったので、正直のところつらかったという感想になってしまいます。クリエイターにはつきものな悩みなのかもしれませんが、初めてのことだったので大変でした。で、どうやって切り抜けたかというと、一番は仲間の存在です。M3の打ち上げと、超会議が終わって2日間(平日なので)働いてからの今GWで帰省して親としゃべったり、東京近郊のファミリー焼肉屋でミク廃友達とバッくれた後徹夜カラオケを強行したり、昨日は東名高速道路を西にひた下って高田夜サクラミクライブの仲間と打ち上げをして日が開けた後急いで深夜高速でとんぼ返りしたりして、その中で改めて自分よりもバカなやつ(良い意味で)とかアホなやつ(良い意味で)とか、自分よりも思慮深い人とかと話すことで、自分にまだ足りないこととか次の目標がいっぱい見えてきて、世界が輝くように見えるぐらいは回復しました(回復しすぎ)。正直言ってしまうと今日までに友達だった人が僕の人生のなかでかなり重要な友達ということになるんだろうなと思っています。ずっと支えてくれた人であるとかずっと僕とバカやらかしてくれた人的な。そういう人にはこれからもちょびちょび飲み会をせがんでいくので、もし誘ったら一緒にだべってくれると僕は嬉しいです。

小林オニキスさんとみきとPさん

超会議でお世話になったお二方です。  

控えめに言わなくてもお二方は僕の人生だし、目標だし、夢のような人です。そんな方とお話する機会をいただけたことにただただ呆然としているし、これからもそういう機会があるかもしれないと思うと楽しみで楽しみでたまりません。  

小林オニキスさんとは打ち合わせの後30分ぐらいずっと初音ミクのこととか日本の文化のことについて「ステージまだなのにのど渇いちゃったw」と言わせてしまったほどくっちゃべりまして、その中で自分の思っていた初音ミク像であるとか文化像をいろいろぶつけることができてすごい刺激になりました。やっぱりすごい人と話すことって自分の思いをかき混ぜられるし確認できる。何を話したかはここでは書かないですが、間違いなく23年生きてきたなかでもっとも思慮深くて、オモシロくて、ボカロへの希望を持ってて、最高の人だなって思いました。この方とお話した30分ののち、僕はプログラミングできるマン×ボカロPとしての未来を次の10年間模索していこうかなって感じのことを決めました。  

みきとPさんとは舞台袖で一言二言三言しゃべらせて頂きました。超会議のステージでも触れましたが初めてみきとPさんをぼからんで見つけた話とかそういうのかな。あと若いねーって言われた。手がデカかった(笑)。こんなイケメンがボカロ界隈にいる奇跡を改めて噛み締めた。

Singularityについて

ダウンロードはまだできません。たぶん夏まえぐらいにニコニコやYouTubeに上げるんでそこで解禁かな。マジミラ公式アルバムにも収録されると思うので、ぜひ買ってやってくださーい。

これからについて

正直のところ、こないだのニコ超のステージをもって夢がかなってしまったので、次何しようかなーって感じです。このGWで雑にいろんな人と話したりしていろんなことを考えたので、ぼちぼち実行に移していくよてーい。とりあえず、まだ腐りませんよ。コミケも申し込んでるから、受かったらCD出さなきゃだし。あとはこの件より少し前から進んでいるテキナサムシングもあって夏なのか秋なのか冬なのかわからんけど発表されるのでお楽しみにー。